Presidential Address

会長挨拶
 

2021 〜 2022

ご挨拶

 

テーマ
「王道

第44期 2021-2022年度
島崎 秀樹

 

郡上八幡RCを親クラブとして設立から44年、郡上白鳥RCから郡上長良川RCに名前を変えて18年、数多の先人達の手により作られてきた歴史、スタイルがあります。
 「ロータリーって何?」この質問にどのような回答を皆さんはしますか?「それは・・・」と回答できますか?例えばエレベーターに乗る際で聞かれても、降りるまでの間で答えることはできますか?
自分はクラブテーマに「王道」を選びました。難しい題です。でも、ロータリーは「奉仕をするという道を進むことによって自己研鑽を積み、人のために尽くす。」のではないでしょうか。このクラブは昔からそれを数多く実践してきました。一つの事業として、お金を出すこと、知恵を出すこと、汗をかくこと、これら全てをバランス良く行ってきました。
 過去に行った事業は計画書の末尾にある年表からしか読み取ることは出来ません。当時を知る方も少なくなってきていますし、新しい会員には何のことか分からない、これでは年表がただの記号に成り下がってしまいます。ロータリーの友では漫画でロータリー設立からを連載しています。ロータリーを作った頃からを漫画化する事で感情移入し、当時の考えを理解しようとしています。
クラブが通ってきたこれまでの長い道のり、様々な事があったと思います。でも、何があっても変わらないことがあります。この年度は、クラブとして、ロータリアンとして、何が大切か、変わっていくもの、変えてはいけないものを確かめる1年にしたいと思います。

ご挨拶

 

クラブテーマ 「王道」

 

第44期 2021-2022年度 島崎 秀樹

 

 
郡上八幡RCを親クラブとして設立から44年、郡上白鳥RCから郡上長良川RCに名前を変えて18年、数多の先人達の手により作られてきた歴史、スタイルがあります。
 「ロータリーって何?」この質問にどのような回答を皆さんはしますか?「それは・・・」と回答できますか?例えばエレベーターに乗る際で聞かれても、降りるまでの間で答えることはできますか?
自分はクラブテーマに「王道」を選びました。難しい題です。でも、ロータリーは「奉仕をするという道を進むことによって自己研鑽を積み、人のために尽くす。」のではないでしょうか。このクラブは昔からそれを数多く実践してきました。一つの事業として、お金を出すこと、知恵を出すこと、汗をかくこと、これら全てをバランス良く行ってきました。
 過去に行った事業は計画書の末尾にある年表からしか読み取ることは出来ません。当時を知る方も少なくなってきていますし、新しい会員には何のことか分からない、これでは年表がただの記号に成り下がってしまいます。ロータリーの友では漫画でロータリー設立からを連載しています。ロータリーを作った頃からを漫画化する事で感情移入し、当時の考えを理解しようとしています。
クラブが通ってきたこれまでの長い道のり、様々な事があったと思います。でも、何があっても変わらないことがあります。この年度は、クラブとして、ロータリアンとして、何が大切か、変わっていくもの、変えてはいけないものを確かめる1年にしたいと思います。
 

Facebook